シリコン有り・無しの良さ

ここ数年、シャンプーはノンシリコンを選ぶべき、シリコンシャンプーは悪い、ということがよく言われます。
そもそも、このシリコンというのはケイ素に科学的処置を加えた合成樹脂で食品加工や医薬品でも利用されているものです。シャンプーに用いることで髪の毛への指通りをよくしたり髪のダメージを軽減する効果があります。

それに対して、ノンシリコンシャンプーというのはこのような合成樹脂を使っていない天然素材をもとに作られているシャンプーです。
どちらが良くてどちらが悪いというのは一概には言えず、髪質や好みによって選ぶことが重要です。

シリコンシャンプーの使用を反対する人の多くがシリコンが頭皮から体内に浸透して悪影響を及ぼすということを心配します。
しかし、実際にはシリコンは体内には浸透しないということが言われています。そのため、人体に有害な影響を与えることは考えにくく、その点については安心して使用できます。

髪の毛が広がりやすいものをまとめたり、ドライヤーの熱や摩擦でキューティクルが壊れるのを防ぐのはシリコンシャンプー、髪のボリュームを抑えたかったりサラサラで洗い上げが軽い場合や天然成分を選びたい場合にはノンシリコンシャンプーを選ぶのがオススメです。