髪の洗い方で変わる

シャンプー選びと同じくらい重要なのがシャンプーの方法です。泡立てて洗い流せば大丈夫、髪の毛にシャンプーが残らないように気をつければ大丈夫と思いがちですが、決してそうではなく他にも様々な気をつけるべきポイントがあります。シャンプーを正しく行うことで頭皮や髪の毛の状態が良くなって髪の毛に良い効果が生まれ、自分にあったシャンプーがより効果を発揮するようになります。

シャンプーの際には、まずは泡を洗い流すシャワーが重要です。特に男性で頭皮の脂が気になる人は熱いお湯で流そうとしがちです。しかし、あまりに熱いと頭皮が火傷に近い状態になりますし、キューティクルを傷める可能性もあります。髪の毛もまとまりのない膨らんだ状態になるので注意が必要です。ぬるま湯でシャワーの圧も強くないしぶきの飛ばない程度にするのが理想的です。

次に、髪の毛を洗う際に爪を立てたりブラシで洗ったりする人がいます。シャンプーというのは髪の毛ではなく頭皮とそこにたまる皮脂や老廃物を洗うことが重要です。頭皮をマッサージするように優しく汚れをかき出すのが重要です。また、このような洗い方をすることで頭皮のマッサージの効果もあり、髪の毛のハリやコシが出てきて太くしっかりした髪の毛になったりマッサージ効果で肩こりや顔のコリの解消にもなります。